食いしん坊の読書室

読んだら食べる。 食べたら読むブログ。

英国ちいさな村の謎9 アガサ・レーズンと禁断の惚れ薬  M.C.ビートン




感想 ☆☆☆☆
個人的には凄く面白かった!
アガサの振舞いに我慢ならない人もいると思うので万人うけするストーリーとは言い難い。
けど、私はその作者の皮肉が嫌いじゃないんです。
むしろ好き。

今回のアガサはプロポーズをしてくれた人にたいしてかなりの酷い仕打ちをするのですが
それでも私はアガサが嫌いになれなかった。
むしろ普通に振舞えない事を可哀想に感じて同情しちゃいました。
だってアガサはとっても孤独で追いつめられてるんですよ。
仲間だと感じていた老人グループからは実は仲間はずれにされていたり、愛してない人のプロポーズは
安定と居場所が欲しくて受けちゃうし(結局自分で全てぶち壊すけど)もうひねくれ者の中高年の悲哀が
たっぷり漂っていて応援せずにいられない。
最後の一人で妄想して完全に回りを見失っている姿は可愛そうで見て(読んで?)られなかった(涙)。

もうミステリーなんてどうでもいい!
(は言いすぎですけど今回はアガサが大活躍というよりはやや巻き込まれた感が強いので)
頑張れアガサ・レーズンと叫びたい。
自分でもオバさんの恋愛事情的な話ににこんなに思い入れをもつなんて以外だっったけど
やっぱりこのシリーズ大好きです。

あらすじ
悪徳美容師のせいでまだらに禿げてしまったアガサはイギリスの保養地に一人で来ていた。
そこで滞在するホテルに住む老人たちの一人に地元で魔女と呼ばれる女性の薬を勧められる。
アガサはさっそく魔女・フランシーを訪ね毛生え薬と(ジェームズに試したくて)惚れ薬を買ってしまう。

アガサはパブで知り会った地元警察のジムとデートするように。
ところがフランシーが他殺体で発見されるが素人探偵の能力を見せようとするアガサだったがジムに
冷たい対応をされてしまう。
アガサはフランシーをよく知る老人たちと仲良くし情報を聞きだそうとするが誰も事件については口を開かない。
ジムに惚れ薬を試したアガサは彼からプロポーズされ孤独を埋めたくて承諾してしまう。
今度はフランシーの娘が水死体となって発見さる。
アガサは婚約を知り訪ねて来たサー・チャールズのせいでジムとの婚約を破棄する結果に。
更には老人の一人が急死しアガサに嫌疑がかかってしまう。



英国ちいさな村の謎1 アガサ・レーズンの困った料理
英国ちいさな村の謎2 アガサ・レーズンと猫泥棒 
英国ちいさな村の謎3 アガサ・レーズンの完璧な裏庭
英国ちいさな村の謎4 アガサ・レーズンと貴族館の死
英国ちいさな村の謎5 アガサ・レーズンの結婚式
英国ちいさな村の謎6 アガサ・レーズンの幻の新婚旅行
英国ちいさな村の謎7 アガサ・レーズンと死を呼ぶ泉
英国ちいさな村の謎8 アガサ・レーズンとカリスマ美容師 
英国ちいさな村の謎9 アガサ・レーズンと禁断の惚れ薬

カテゴリー:アガサ・レーズン
テーマ:コージー・ミステリー  ジャンル:本・雑誌

はかりきれない世界の単位  米沢敬




☆☆☆☆
挿絵も良い雰囲気で大人の絵本的一冊。

食わず嫌いなど測れない単位色々。
世界には文化や習慣により面白い測れない単位がたくさんあるもんですね。
すごく面白い。
人工知能や科学的調査を徹底すれば数値化できるものもあるんでしょうがしないでおくの
ほうが素敵だと思うそんな単位の世界。

私がとても気に入った単位を一つ。
『カッツェン シュプルング』
一言でいうと猫のひと跳び。
ちょっとしかない的な意味らしい。
でも猫って驚くと想定外に跳ぶことあるよね笑。




このマステ地味に便利で好き。

カテゴリー:デザイン・写真を楽しむ本
テーマ:読んだ本。  ジャンル:本・雑誌

秘密のお料理代行2 真冬のマカロニチーズは大問題! ジュリア・バックレイ




☆☆☆
人気なんだろなぁ。
一般的にはヒロイン好感度高いんだろうなぁ。

でも、私には何をしても何を言っても大成功で誉められて愛されて大切にされて(私からすれば)
理不尽な怒りをぶつけても譲ってもらえるヒロインに愛着が全然持てない。
私は人生迷ってます、悩んでますくらいの暗めヒロイン好きなので個人的に共感性ゼロの
この話はリア充の自慢話を延々と聞かせれている時のような心地悪さに満ちてるんです。
更には秘密のお料理代行業もやってないことはないけどもう添え物程度でそういうエピソードを
主に楽しみにしている私には物足りない。
ミステリー云々より次作もまたライラと充実ライフエピソードを延々と読むのかなと思うと…
まあ…そのお察しくださいませ。


あらすじ
ライラは名を明かさず必要な人たちに料理を届ける秘密の料理代行人。
クリスマス時期はその仕事も大繁盛。
ところが届け先の小学校でサンタ(に扮した俳優)が射殺されてしまい、たまたま近くにいた
ライラはその後危険な目にあってしまう。
兄の家に逃げ込んだり護衛がついたりと散々なクリスマスに。

殺された俳優の身辺をさりげなくさぐるライラは彼に秘密の顔があったことに気が付くが…。


マカロニチーズ

カテゴリー:秘密のお料理代行
テーマ:コージー・ミステリー  ジャンル:本・雑誌

サチのお寺ごはんから「とうもろこしのすりながし」と「とうもろこしごはん」


_MG_0091.jpg

サチのお寺ごはん1巻第4話『塩と水だけ』から「とうもろこしのすりながし」とついでに
「とうもろこしごはん」を作ってみたいと思います。

すっかり更新が遅れてしまったのでとうもろこしの旬が過ぎてしまいましたね~。
あはは。

では、さっそく作ってみたいと思います。
作り方は丁寧だけどタイトルどおりかなりシンプルです。
詳しい作り方・分量などは漫画を見て下さいね!

とうもろこしのすりながし2
まずはとうもろこしから丁寧に粒をはずして鍋に芯と粒と塩と水を入れて湯がきます。
芯も無駄にせず出汁を取りますよ~。
塩をちゃんと入れることによって芯からも出汁がでるんですよね~。
(料理人さんから教えてもらった知識の受け売り)

後は冷まして、ミキサーで滑らかにしたら丁寧に裏ごしし冷まします。
ちなみに裏ごしで残った皮は無駄にしないよう作中では白和えに加えていましたが
私はコーンブレッドに入れちゃいました。

とうもろこしごはんも芯とご飯を一緒に土鍋で炊くレシピだったんですが炊飯器で炊いちゃったので
割愛しまーす。
ご飯に醤油で炒めたとうもろこしを乗せたら完成とこちらのレシピもシンプルです。

_MG_0110.jpg

では、いただきまーす。
うん、美味しいです!

とうもろこしご飯はこうばしいとうもろこしがたまりません。
おかずがなくてもすすんじゃいます。
すりながしはあっさりしすっきりしているのに甘くて物たりなさゼロ。
どちらも美味しいです。

いつもならとうもろこしとご飯は昆布とかを一緒に炊きこんだりスープにするなら牛乳とかを足しがち。
ですがこちらのシンプルな調理法のほうが素材が際立って飽きの来ない素材の味をひきだしますね。
今回もとても美味しかったです。
ごちそうさまでした!


カテゴリー:このブログについて
テーマ:マンガ  ジャンル:本・雑誌

サチのお寺ごはん1巻第1話 の「幸せの大豆だし」のなすの利休汁


_MG_0044.jpg

精進料理漫画(なんて言ってもいいのかな)「サチのお寺ご飯」の精進カレーが美味しかった
ので今回は別のお料理をつくってみたいと思います。
人生を諦めの境地で生きてた27歳のサチが少しずつ変わり始めるきっかけになった
始め食べた精進料理「なすの利休汁」です。
記念すべき第一話に登場する料理でこの後度々登場する“大豆だし”で作る汁もの
とはどんな味なのか私も初チャレンジしてみたいと思います。

詳しい分量・作り方のコツは漫画をごらん下さいね!

_MG_0046.jpg
まずは時間の必要な大豆だしから。
乾燥大豆を炒ってお湯に6時間浸しておきます。
この時間と丁寧さが大切なんですね~。

_MG_0062.jpg

大豆を取り除くと黄金の“大豆だし”がとれました。
少し甘いような香ばしいような優しい香りがします。
取りだした大豆は13話「甘くて辛いの」に登場するレシピを参考にして「大豆の甘辛」にしました。
材料を一切無駄にしないのもこのマンガのレシピのよいところですね。

_MG_0060.jpg

なすを焼いておきまーす。
サチのように固い仕上がりにならないようにじっくり焼いておきますよ。
焼けたらお椀にいれておきます。

_MG_0076.jpg

大豆だしでみょうがとなめこを煮ます。
このお汁具だくさんなんですよね~。

_MG_0065.jpg

ちなみに加えるお味噌は二種類です。
味噌を溶き入れたら沸騰厳禁。
なその入ったお椀に汁を加え、擦りごまをふったら完成です!

_MG_0084.jpg

では、いただきます。

お~、これは美味しいです。
時間をかけてとった大豆だしがきいてます。
まろやかな優しい味なのにコクがあっておいしいです。
色々な材料が入っているのにどれも主張し過ぎず調和がとれていてとても良いお味です。
これはまた是非作って食べたいです。
大豆だしにお時間はかかりますがじっくり丁寧もたまにはいいですね。
お勧めレシピですよ~。
ごちそうさまでした!


カテゴリー:漫画
テーマ:マンガ  ジャンル:本・雑誌

プロフィール

ふじつぼ

Author:ふじつぼ
ブログタイトル
変更しました。
旧「読書感想文は
佳作でした」です。

料理本
コージー・ミステリー
あとは狭く浅く
色々読み漁ってます。

評価は満点で☆5つ。
独断と偏見に
満ちていますので
ご注意を。

Twiterで気が向いたら
更新のお知らせしています。
@kasaku_bun

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: